みなさん、こんにちは!
先週のゴールデンウィークは有意義に過ごせましたか?

6日㈮は仕事で7日と8日でまたお仕事だったり、6日もお休みだったり、、、
はたまた9日㈪から長期休暇という方も?

「お休み」という意味の英単語はたくさんあるの知っていますか?
意味や使えるシチュエーションも違ってくるので、ややこしい内容ではありますが!

Lane先生がわかりやすく説明してくれたものに日本語で説明を加えたものをシェアします!
是非最後までご覧ください。

 

Lane

Hi Everyone,
Lane-sensei here.  Today we are in the middle of Golden Week, so I thought it might be useful to discuss some `holiday` language in English.

 


 

英語では、お祝いする時や仕事がない日について話すときは下の単語を使います。

Holiday / Vacation / Day Off / Break

 

上記の単語は共通点があり、アメリカ英語とイギリス英語で変わってくるので、少し複雑です!
少し難しいですが、ミスをしないようにいくつかの簡単なアドバイスをシェアします!

 

 

Holiday(祝日)

英語では”holiday”は仕事を休むかどうかは別として、特別なお祝いの日を意味します。クリスマスは”holiday”ですし、バレンタインデーも”holiday”です。
しかしほとんどの人がクリスマスは仕事が休みますし、バレンタインデーには普段通り働きます。日本のお祭りに似ているかもしれませんね。
節分お盆新年七夕は全て”holiday”と言います。
ゴールデンウィークにはこどもの日昭和の日緑の日憲法記念日など様々な”holiday”があります。この意味はアメリカ英語でもイギリス英語でも一緒です。

しかしイギリス英語では、”holiday”という言葉はアメリカ人が言う”vacation”を意味することもあります。

 

Vacation(休暇)

”vacation”は仕事や学校がない特別な休日です。これはアメリカ人がよく使いますがイギリス人は”holiday“を使います。
これは恐らく特別な休日に関係する(ex.クリスマス休暇はクリスマスの前後は働かない日のこと)という意味ですが、単に特別な休日や個人的な休業時間を意味する場合もあります。
休暇(有給)を貯めいていたから、6月に同僚が働いている間に休みを取るかもしれません。
クリスマスのような特別な休暇ではありませんが、個人的な休暇です。
”vacation”という言葉は通常、旅行を意味しますが、必ずしもそうではありません。
休暇中は家にいることができます。あまり普通ではないということで、旅行をしないことを言うために”stay-cation“と言うこともあります。

 

まとめると、イギリス人とアメリカ人にとってイースターと新年は”holiday”です。
イギリス人はスペインで休暇を取るかもしれないし、アメリカ人はメキシコで休暇を取るかもしれません。

 

Day Off (休日)

”day off”(休日)は仕事をしない日です。これが一番シンプルで一番大切なルールです。ほとんどの人は土曜日と日曜日が”day off”(休日)です。
これらの日は特別なお祭りでもなければ、旅行を意味するものでもありません。単に仕事が休みの日なのです。
Lane先生は英語を教えているので、週末は仕事で休みは月曜日です。もちろん、”holiday”と”vacation”は”day off”ですが、普段の仕事がない日は”holiday”ではありません。

 

Example sentence

`Mr. Yamamoto`s days off are usually Saturday and Sunday, but because of Golden Week, he will get five extra days off.  Four of those days are national holidays, so the post offices and banks will be closed.  During this time he will go on a vacation (US) or a holiday (UK) in Hokkaido.`

(山本さんの休日は普段土曜日と日曜日だが、ゴールデンウィークのため彼は5日間余分に休みを取ることができます。そのうち4日間は祝日のため郵便局や銀行は閉まります。この間、彼は北海道で休暇(アメリカ英語)または休日(イギリス英語)を過ごす予定です)

 

Break (休憩)

”break”は最も一般的な言葉で単に仕事をしていない期間を表します。10分コーヒーブレイク(短い休憩)や2週間の夏休みを取ることができます。
この場合、”break”は通常、学校や生徒に対して使われます。”break”はクリスマス休暇のような休日や祭日に関連する可能性がありますが気をつけてください。
“break”は他の言葉と互換性がありません。

The following sentences are NOT correct:

XXX Saturday and Sunday are his usual breaks.  (it should be `days off`)

XXX Christmas is my favorite break.  (it should be `holiday`)

XXX I will take a break in Hokkaido.  (it should be `holiday` or `vacation`)

 

This IS correct:

Mr. Yamamoto was tired and took an extra long lunch break.  While he ate, he thought about what he should do with his children during their spring break.  He planned to take a few days off from work at the same time.  Maybe they could take a vacation to Okinawa, or maybe they should have a stay-cation and just relax at home. Hmmmm.

(山本さんは疲れていたので、余分に長くお昼休憩を取った。食事中、彼は春休み中の子どもたちと何をしようか考えていた。同時に仕事も数日休む予定だった。
沖縄に旅行に行くのも良いですし、ステイケーションで家でゆっくりするのも良いですね。)

 

I hope this helps you to understand the differences between these words.  Good Luck!

最新情報をチェックしよう!

英会話コラムの最新記事