同音異義語と同綴異義語

みなさんこんにちは。
脳ジム英会話です。
今回は、Stephanie先生が「英語の同音異義語・同綴異義語について」コラムを書いて下さいました(*^^*)

Stephanie先生

There are many words in English that are spelled the same but have different meanings.
There are also words that are spelled and pronounced the same but have different meanings!
These are called homonyms and homographs.

英語には、スペルは同じだけど意味が違う単語がたくさんあります。
また、スペルや発音は同じだけど意味が違う単語もあります。
これらはhomonymshomographsと呼ばれています。


【Homonyms =スペルは同じだが、文脈によって意味が異なる単語】


 For Example:

The book is on the table.
そのはテーブルの上に置いてあります。

Did you book a room at Ace Hotel?
エースホテルのお部屋を予約しましたか?

 

Your dress is beautiful!
ドレスが綺麗ですね。

Please dress the salad.
サラダにドレッシングをかけてください。

 

I like this kind of paper.
この種類の紙が好きなんです。

That’s very kind of you.
ご親切にありがとうございます。

 

I am wrong, you are right.
私は間違っていて、あなたは正しい

We have to turn right.
に曲がらないといけませんね。

 

〇Kumamon, the mascot of Kumamoto, is a bear!
熊本のマスコット「くまもん」は、です

He can’t bear to be seen.
彼は見られるのに耐えられないそうです。

 


【Homographs=スペルは同じだが発音が違う単語】

 

Stephanie先生
With practice, you will be able to identify the appropriate pronunciation for the respective contexts!
練習すれば、それぞれの文脈に合った適切な発音がわかるようになりますよ(^^)/

 

 

For examples:

 

Don’t tear the paper. [TARE] 紙を破らないでください。

He shed a tear when you did that. [TEER] 彼はあれをしてしまったときを流していたよ。

 

Remember to bow to your boss. [BAU] 上司に頭を下げるのを忘れずに。

Minnie Mouse has a bow on her head. [BOU] ミニーマウスの頭にはリボンがついています。

 

Look, there is a bass in the water! [BEHSS] 見て、水の中にバスがいる!

This song has a deep bass. [BAYSE] この曲は深みのある低音が特徴です。

 

Look, there is a dove flying in the air! [DAHVE] 見て、が飛んでいるわ

The rabbit dove into the bushes. (past tense of dive) [DOHVE] うさぎは茂みに飛び込んだ

 


いかがでしたか(*^^*)

最新情報をチェックしよう!

英会話コラムの最新記事