Bri先生の英会話コラム-冠詞攻略!

Definite and Indefinite Articles


こんにちは。今回はBri先生の英会話コラムで冠詞を攻略しましょう!!

Bri

Definite and indefinite articles

They help by telling us if a noun is specific or nonspecific.

Let’s take a closer look at definite and indefinite articles…

冠詞とは名詞の直前にある文字でその名詞の情報を更に明確にしてくれるものです。
では、もっと深く冠詞と不定冠詞について見ていきましょう。

 

不定冠詞-Indifinite articles-

Bri
Indefinite articles are used before nonspecific nouns.
This means that we use them to refer to nouns in a generic way.

不定冠詞は通常特定ができない全般的な意味の名詞の前に置いて使います。
例えば、、、

 

“It’s very hot today. I really want a cold drink.”

 

Bri
In this sentence we’re not saying we want a specific cold drink, just that any cold drink will do.

この文章では特定の冷たい飲み物が欲しいとは言わず、何でもいいから冷たい飲み物が欲しいという事になります。

 

他の例も見てみましょう。

“I’d like to eat an apple.”

Bri
Again, we don’t care which apple we eat, we’d just like to eat one.

これもどのリンゴを食べるかは関係ありません。ただリンゴを食べたいのです。

 

 

Bri

When using ‘a’ or ‘an’ you might be wondering how to decide which to use in your sentence.

If the next word after your article starts with a consonant (b, g, m, p, etc.) then you’ll need to use ‘a.’ If the next word after your article starts with a vowel (a, e, i, o, u, y*) then you’ll use ‘an’.

”a”“an”を使うときはどちらを使うか気を付けましょう。
もし冠詞の次の文字が子音(b, g, m, p, etc.)から始まれば、“a”を使わなければいけません。
反対に冠詞の次が母音 (a, e, i, o, u, y*) から始まる単語なら、”an”を使います。

 

いかがでしょうか。日本語にはない概念なので難しいと思われるかもしれませんね。

わからないことは講師に気軽に聞いてみましょう!

あなたの質問は、みんなの質問かもしれません。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!