これなら答えられる!近況報告

今回は、「これなら答えられる!近況報告」がテーマです。
Diana先生がお送りします。
(一部、日本語で補足をいれています)

 

レッスンが始まるとまず先生がよく使うフレーズは何でしょうか?

“How was your week?”
今週1週間を尋ねるこの表現がよく使われますね。
みなさんは、どんなふうに返答していますか?

「・・・」「Yes」よりももっと具体的に話が広がるフレーズをDiana先生が教えてくれましたよ↓↓↓

それでは今日も早速はじめましょう!
Let’s get started!!

“How was your week?”

バリエーションとしては
“How have you been these days?”
“What have you been up to?” ➡ふだんの会話だと音同士がくっつきます。発音のお手本は、ぜひ講師へ!

One way to answer this question is to express your general feeling about the week, followed by some details.

答え方の一つとしては、「気持ち」をまず表現してみましょう。
そのあとに詳しく事柄を伝えればOK!

【General feeling】 

§ It was great/awesome/exciting/nice/memorable/relaxing.

§ It was okay/not bad.

§ It was horrible/stressful/boring/disappointing.

気持ちをあらわす
・よかった、たのしかった、すごかった、まったりした、ワクワクした
・まあまあよかった、悪くなかった
・ストレスフル、残念だった、退屈だった、ひどかった

【Details】

§ What happened?

§ What did you do?

§ Where did it happen?

§ Who were you with?

詳しく伝える ➡ Charlotte先生のコラムの”5W1H”も意識しよう!
・何が
・何を
・どこ
・だれ

Sample Dialogue

A: How was your week?

B. It was great! I finally started the vegetable garden in my backyard. I planted tomatoes, cucumbers, and sweet basil. Everyone was busy at home so I was gardening by myself.

会話例
A:この1週間、どうでしたか?
B:いい1週間でしたよ!庭の家庭菜園をやっと始めたんです。
トマト、きゅうり、スイートバジルを植えましたよ。家で家族は忙しかったし、ひとりで庭仕事してました。

気持ち「It was great! 」のあとに詳しく伝えていますね。
まずは気持ちを伝えて、そのあとは会話を広げていきましょう。

いかがでしょうか。
次のレッスンが楽しみですね!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!