Nash先生のコラムーTheir vs. There vs. They’re

こんにちは、脳ジムの江村です。

今回はNashのコラムをお届けします!

トピックは、3つの単語(Their vs. There vs. They’re)で同じ発音、意味が異なるものを取り上げました。

同音異義語、ですね。

 

Nash
This topic is brought you by…Nash!

 

Their vs. There vs. They’re

All 3 of these words have the same pronunciation but they have a different meaning. We call these kinds of words homophones.

Because the pronunciation is the same, you should be fine during a conversation but be careful when you’re writing.

(補足)

この3つの単語は、発音が同じで意味が異なります。

発音が同じなので会話だと問題がなくても、メールなど文章で書くときには要注意です。

 

Their

Their” is the possessive pronoun (my, your, his, her, our, their) when referring to they.

We use possessive pronouns when we talk about belongings or things that people own.

– They didn’t eat their breakfast.
– This is my bag but those are their bags.

(補足)

Their 彼ら彼女三人称の所有名詞で持ち物や帰属するものにつきます。

 

There

There” is used when we want to talk about existence (i) OR as an adverb referring to a place (ii).

– (i) There is a dog in the cafe.
– (i) There are some kids playing in the park.

– (ii) My parents live in Osaka. I will go there to meet them.

(補足)

There  存在を表すとき、ある場所を参照するときに使います。

(i)犬がカフェにいる。

(i)公園で遊んでいる子供がいる。

(ii)両親は大阪に住んでいます。彼らに会いに(そこへ)行くつもりです。

They’re

They’re” is the contraction of “they” and “are”. Our subject is “they” and our verb is “be”.

They’re friendly people.
They’re busy and I’m tired. Let’s go home!

 

(補足)

They’re ➡ They are の短縮形になります。

 

いかがでしょうか。

文法を説明するNash先生の表現も、参考になりますね。

先生も言っているように、発音が同じで意味が異なるので、特にメールなどの文章で書くときには注意が必要ですね。

また、話すときでも使い方を知っていれば、それが場所なのか所有なのかがすぐにわかり会話がスムーズに!

 

現在、Nash先生はオンラインクラスが中心です。夜の時間帯でもクラスがありますので、ぜひご参加ください。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!