会話で使える「・・・ではないけど」

こんにちは、脳ジムの江村です。

今回は、会話で使える”Not that …”の使い方を紹介したいと思います。

Not からいきなり始まるこの表現。
「・・・ではないけど」という会話表現の決まり文句です。

後ろにいろんな表現がついてバリエーションが多いので、使いまわしができる便利なフレーズです。

Let’s get started!

①Not that I know of.
知る限り、ない。

A: Do you know anyone who doesn’t like curry rice?
B: Not that I know of.

A: カレー嫌いな人って知ってる?
B: 知ってる限り知らないなあ。

②Not that it matters.
重要じゃないけど。大したことじゃないけど。

matter 名詞でも使われますね。最近は例えば「それは営業マターだ」と使われることも。案件、事柄、問題、という意味。動詞になると、「重要である」という意味になります。

A: I heard the bookshop will close down. Not that it matters.
B: Really? Well, it matters to me! I like the bookshop!

A: あの本屋、閉店らしいよ。大したことじゃないけど。
B: まじか。そりゃ、おおごとだよ!あの本屋気に入ってたのに!

③Not that I can recall.
覚えている限り、ない。

A: Have you ever been stolen wallet?
B: No that I can recall.

A: 財布盗まれたことある?
B: 記憶にある限り、ないよ。

④Not that I care.
気にしてるわけではないけど。

A: Where did you go last night? Not that I care.
B: I just went for a drink.

A: 昨日の晩、どこ行ってたの?別に気にしてるわけじゃないけど。
B: ちょっと飲みに行ってたんだ。

care: Take care! 別れ際に言う「気を付けて」 Take care of yourself.「お大事に」
Duty of care (注意義務)

ちょっとしたワンクッションのフレーズがあると、会話もより楽しめますね。
「別に…ではないけど」って割と使える表現なので、ぜひ使ってみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!