「思い出せないとき」の表現

こんにちは、脳ジムの江村です。

日本語でも英語でも「え~~っと、あれ何て言うんだったっけ」っていうことないですか?

 

よく似た単語なんだが、思い出せない・・・
あれ?さっきなんの話してたか思い出せない・・・

英語で話してる時でも、ネイティブスピーカーや周りの人たちに助けを求めたい!「え~っと・・」と黙ってしまうより、何か話したい!

 

ということで、今回は「思い出せないとき」の表現を取り上げてみたいと思います。

 

Let’s get started!!

 

What was that word..

「あの単語なんだったっけ」

思い出している途中に使える表現です。通常の疑問文のイントネーションだと上向きですが、それよりも”つぶやく”感じで。

 

I can’t remember his name.

remember には「思い出す」という意味があります。上の例文だと「彼の名前が思い出せない・・」ですね。

” I cant’t recall his name.” でもOKです。

 

I remembered the time we met on the day.

I recalled the time we met on the day.

「その日会った時のことを思い出した」

 

It’s on my tongue!

tongue 舌

発音と綴りに注意! 発音記号: tˈʌŋ

直訳すると「舌の上にある」になりますが、「思い出せそうで思い出せない」というときの表現ですね。

 

<おまけ>

  • tongue twister 早口言葉のことです。舌をねじる(ツイスト)するイメージですね。
  • bite one’s tongue  「思ったことを言わない」

 

Where were we? / Where was I?

「なんの話してたっけ?」「え~っと、どこまで話したっけ」という状況でよく使えます。

途中で話が脱線したり、ほかの人と話して間があいたりしたときに、元の話が思い出せないときの表現です。

 

 

いかがでしょうか。

思い出せないときは、どうしても黙り込んでしまうかもしれませんが、こんな繋ぎの言葉があると会話も広がりがでてくるのでいいですね。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

最新情報をチェックしよう!

英会話コラムの最新記事