こんにちは、脳ジムの江村です。

 

先週のレベル2スピーキングクラスでのテーマは

形容詞の順番についてでしたが、クラスを担当した講師が

 

日本人の英語学習者には、この順番がわかりにくいみたい

と言っていたので、改めて取り上げてみたいと思います。

 

Let’s get started!

 

まず日本語の場合、形容詞の順番はどうでしょうか。

「新しい赤いiphoneを買った」

「赤い新しいiphoneを買った」

どちらでも間違いではないですね。ただ、「なんとなく」しっくりくる順番がある、という感じでしょうか。前後の文脈によって何を強調したいか、によって順番を変えても間違いにはならないですね。

 

ところが!

 

英語では形容詞の順番は決まってるんです。

 

まずはわかりやすい例から見てみましょう。

例;

long red hair (形状+色)

big round table (サイズ+形状)

big new  TV (サイズ+新古)

new green sweater (年や新古+色)

この形容詞の順番は、必ずこの順番で表現されます。

 

形容詞が3つ重なるとこんな風になります。

small old square table (サイズ+新古+形状)

tall, young, and skinny boy (長身の若くて細身の少年)

old long brown leather belt (古くて長い、茶色の皮ベルト)

 

複数の形容詞をつなげるときの順番としては、次のようになります。

サイズ➡年や新古➡形➡色

これだけだと覚えにくいですよね。身の回りの物などで表したものをチャンク(かたまり)にして覚えてしまいましょう!

たいてい形容詞は3つくらいまでなので、とにかく慣れることが大事!

He’s tall and thin. tall, thin man

I bought a new red iphone.

 

 

Good job!

もちろん、形容詞はここで取り上げた以外にもたくさんあり、また「andで区切れる場合はコンマがいる」というさらなるルールもあるのですが、今回はレッスンに準じた範囲で紹介してみました。

 

「ちょっとわかりにくいな~」と思ったら、ぜひ講師に質問してみてくださいね!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

 

最新情報をチェックしよう!