日本語にも英語にもある、Homonymって?

こんにちは、脳ジムの江村です。

今日は、Homonym について取り上げてみたいと思います。

 

Let’s get started!!

 

日本語にも英語にもある、Homonymは、スペルと発音が同じで意味が異なる単語のことです。(“Homo”は接頭語で同一、とか均一という意味でくっついて使われます)

 

端と橋と箸。雲と蜘蛛。柿と牡蠣…

 

日本語を学ぶ外国人もかなり苦労するようですが、英語にもあるんです、Homonym.

 

 

日常よく聞くものには、例えばこんな単語がありますね。

I / eye

I got something in my eye!!

I と eye 発音記号は違いますが、聞いた音は同じですよね。

日本語で「各個人で書く」みたいな感じでしょうか(笑)

他には・・・

flour / flower

A: I’ll go shopping tonight. Do you want me to get something?

(今夜買い物行くけど、何か買ってこようか?)

B: Can you get flour?

(小麦粉買ってきてくれる?)

A: Sure, rose or lily or…?

(いいよ、バラ?ゆり?それとも・・?)

B: No, I need all-purpose flour to make pancake!

(違うよ、パンケーキつくるのに小麦粉がいるの!)

実際に起こりうる会話ですね~。もちろん発音記号は違うのですが、ぱっと聞いた感じで聞き間違いやすいですね。

 

hail / hail

The weather for tomorrow will be storm and hail.

(明日の天気は、嵐と雹となる見込みです)

Hail the bus here.

(バス停などの標識)ここで手を挙げてバスを止めてください

 

他にもたくさんありますよ~!

cool / cool 

by / bye / buy

park / park

hour / our

heal / heel

deer / dear

fur / far

meet / meat 

 

言葉遊びのような感覚でお楽しみいただけましたでしょうか。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!