こんにちは、脳ジムの江村です!

今日は久々、毎日つかえるシリーズです。

今回は「そんなもんだよ」「しょうがないね」を取り上げてみたいと思います!

“毎日”使うかどうかは個人差ありますので、予めご了承を 😆

 

Let’s get started!

 

①Oh well…

短いし覚えやすいですね。一番使われている印象です。

何か既に起こったことに対して「ま、しょうがないね」とちょっとため息交じりに使う感じです。

 

A: The event was cancelled today.

B: Oh well, you can’t enjoy walking when it’s raining.

(A:今日のイベント、中止になったんだ。

 B:しょうがないよ、雨だとウォーキングも楽しめないし)

 

A: I went to the bakery shop and my favorite bread was sold out.

B: Oh well, the bread is very limited. You should try the first in the morning!

(A:パン屋さんに行ったら、お気に入りのパン売り切れだった。

 B:しょうがないよ、数量限定だもの。あさイチに行くといいよ!)

 

②That’s the way it is.

そうしたもの、そんなもの、といったニュアンスです。それが現実だ、という意味になります。

(セリーヌ・ディオンが歌う歌詞や映画「ショーシャンクの空に」にもこのフレーズがありますよ)

A: I wish I could be a astronomer and visit the space.

B: Well, you need to get proper training and knowledge. Than’s the way it is.

(A: 宇宙飛行士になって宇宙飛行できたらな~。

   B: ちゃんとした訓練と知識が必要なんだよ。そういうものなんだよ。)

 

③I can’t help it.

どうしようもない、コントロールできない、というときに使います。

A: Oh no, you had my favorite pudding in the fridge?!

B: I couldn’t help it. I will get another one later.

(A:うわ最悪、冷蔵庫にあった私の好物のプリン、食べたの?!

 B: どうしようもなくて食べちゃったんだ。あとで買っとくからさ。)

 

どのフレーズも結構、いろんな場面で使えます。

特に③なんか、「おやつの誘惑に勝てない」などわかっているけどやめられない、というときに使えます。

いろんな状況/レベルで「しょうがない」「そういうものだ」という表現を使い分けられますね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!