英会話コラム

こんにちは、脳ジムの江村です。

今日は、Rasha先生おすすめの本を何冊かご紹介したいと思います!

おさるのジョージなど身近なフレーズが満載の絵本や小説、冒険ものなど、楽しめそうですよ!

 

では早速、Rasha先生の紹介コメント付きで紹介していきましょう。

(訳は江村がまとめてつけています 😆 )

 

How to Read Books in English

There are different ways to read books in English:

  1. You can stop at each new word and look it up in a dictionary.
  2. You can read the book without looking up words in the dictionary. You can try to understand the general ideas.
  3. You can read a book you have already read in Japanese. 

 

本の読み進め方

いろんな読み進め方がありますよ。

  1. 知らない新しい単語が出てきたら、読むのをやめて辞書で調べてみよう。
  2. 辞書なしでとにかく読み進めてみよう。おおまかな内容がつかめるようにしてみよう。
  3. 日本語訳で読んだことがある本を、英語で読んでみよう。

 

Book Recommendations – brought to you by Rasha!

(Recommendation: おすすめ)

 

  1. James and the Giant Peach” by Roald Dahl: This book is about a little boy who escapes from his evil aunts by taking an adventure inside a giant peach.

(悪魔みたいな叔母から逃れる為、巨大な桃の中を冒険する少年の物語)

 

2.“Curious George” by H.A. Rey:

This is a series of popular children’s books about a monkey who is brought by “The Man with The Yellow Hat” to live in the big city.

(大都会に住むため「黄色い帽子のおじさん」に連れられたおさるのお話の人気絵本シリーズ)

 

3. “Number the Stars” by Lois Lowry: This book is about a young girl from Denmark who decides to save her Jewish friend during World War II.

(第2次世界大戦中、ユダヤ人の友人を救おうと決心したデンマークの少女のお話)

 

4. “Charlotte’s Web” by E.B. White: 

This classic book is a surprising story about a spider who decides to save a pig’s life. Funny, cute, and thoughtful!

(豚さんの命を救おうと決心した、ある蜘蛛のびっくり話の名作。おもしろくてかわいくて、思いやりに満ちたお話!)

 

 

いかがでしたか?

Rasha先生おすすめの本はまだあるので、また次の機会にご紹介しますね。

特に絵本は、日常使う表現が覚えられるのでおすすめです 🙂

 

洋書コーナーやオンライン書籍でぜひ探してみて下さい。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。