英会話コラム

こんにちは、脳ジムの江村です。

先日のコラム ”よろしくお願いいたします。”という表現 に続いて、毎日つかう言葉シリーズ  第2弾お送りします!

 

今回は「お疲れ様!」を取り上げたいと思います。

(最近、小学生でもフツーに使っているのを聞いたときはビックリしましたが)

 

Let’s get started!!

 

 

まずは、Google翻訳だと

“Good job”

間違いではないですね。

相手が出した成果や行ったことに対して「よくできました、お疲れ!」と使えます。

 

また、その仕事の労いをこめた「お疲れ様でした」なら

Thank you for your great job.

Thank you for your time!

 

 

例えば同僚と軽く言葉を交わすとき

英語ではそのシチュエーションに対して、具体的な「お疲れ様」が使われます。

“Hi, how’s it going?” (元気?調子はどう?)

“Things going well?” (物事うまくいってる?)

“How’s your day been?” ( =How has your day been? ) (今日はどんな感じ?)

 

返答するなら?

日本語なら「お疲れ様」に対して返す言葉も同じだったりしますが、英語だと具体的に返事することになります。

“It’s been all good.” (全部うまくいってるよ)

“So far so good.” (これまでのところOK)

“Better than ever!” (絶好調!)

 

こんな言い方も!

帰り際なら、ただ単に ”See you.” だけでなく、こんな言い方もできます。

“I’ve had enough today! See you!” (今日もたくさん色々あった、今日も一日お疲れ様でした!またね~!)

“It was a hectic day! ” (今日はバタバタしたね!お疲れ様でした!)

“What a day! I’m exhausted.” (なんちゅう日!もうくたくた!)

 

いかがでしたでしょうか。

ネイティブスピーカーたちがよく使う「お疲れ様」的フレーズを挙げてみました。

英会話レッスンのはじめの時間の「今週(今日)どうだった?」という話題にも使えそうですね!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

 

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。