英会話コラム

こんにちは!脳ジムスタッフの江村です。

仕事でも日常生活でもなにかを依頼することって多いですよね。

言葉の壁があってもスムーズに快諾してもらいたい!ってことで

今日は依頼のフレーズを取り上げてみます。

 

Let’s get started!!

 

①お見積りをいただけますか?

😥 We need an estimate. 「見積もりが必要だ」➡不躾なニュアンスになっていまいます。見積もりは数か月後かも。

😉 Could you please give me an estimate? 「お見積りいただけますか?」

➡Could you とさらにplease をつけることで更に丁寧な依頼表現に。

 

②メールの返信をお願いします。

😥 Please reply to me. ➡ 通じるけれどもちょっとストレートすぎますね。

😉 Would you please reply to my email? ➡ Would you を使うことでより丁寧に、そして相手の返信確率はぐっと上がります。

 

③お願いがあるんだけど・・・

Could you do me a favor?

この後に依頼事項を続ければ、Noと言われることはほぼないはず。

 

 

ところで、こうした依頼表現の中で最もよく使うのが、次の二つ。

Could you …?

Would you …?

 

微妙なニュアンスの違いがあるのをご存知でしょうか。

 

Could you …?:相手に可能かどうか聞いているので、できなければ断ってOK、という依頼になります。

Could you buy me a drink?

「一杯おごってくれない?」

自分で払って飲みなさい、という返答の選択肢もアリです。

 

Would you …?:依頼事項を断らない事が前提、より強いお願いになります。

(相手の意思を確認しているので、断ってくる場合にはそれなりの理由がついてきます)

Would you message back to me?

「メッセージ返してくれませんか?」

返信を何週間もほったらかしにされているときには、こちらで。

「丁寧だけど、ちょっと相手は怒ってるかな」という印象になります。

 

いかがでしょうか。

状況に応じて様々な依頼表現がありますね。

せっかく相手に動いてもらうのですから、お互い快く的確にコミュニケーションとれるといいですね!

 

 

 

 

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。