英会話コラム

【日時】 『AI VS. 教科書が読めない子どもたち 』 8/24(土) 17:30~20:00

【参加費用】 1,620円(税込) or 英会話20ポイントもしくは回数券1回分

クービック予約システムから予約する

本の購入や事前読書不要! 参加者で分割して読書&要約&発表。 2時間チョットで本1冊分の知識をインプット可能です☆
今回は新井紀子著『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』
人間がAIに勝つためには「読解力」を磨くしかない東大合格を目指した「東ロボくん」の開発者である著者は言う。
「AIが人類を滅ぼす?……滅ぼしません! 」「シンギュラリティが到来する?……到来しません! 」
それどころか、東大合格すらAIには無理だろうと言うのだ。 とはいえ、個人的にあまり笑っていられない。
「東ロボくん」は既にMARCH合格の偏差値レベルに達している。 しかしAIには決して越すことのできない溝があるという。
それは国語、読解力だ。
AIが自然言語を読みこなすことは金輪際できないというのだ。 また、本書では紙幅を割いて、中高生の多くが、「東ロボくん」以下の読解力しか持っていないということを伝えている。
二つの文章の意味が同じかどうかを判定する問題で、中学生の正答率はなんと57%。 二択の問題なら誰でも五割はとれる。 また、なんと3人に1人が簡単な文章すら読めない。
これからの世界は、読解力がある一握りのエリートに支配されてしまうのか。 読解力以外の仕事がAIに代替されてしまうとして、AI以上の読解力を身に付けている人間はどのくらいいるのか? AIに仕事が代替されたのち、新しい仕事に就くことのできる人間はどのくらいいるのか?
著者は言う。 「一に読解、二に読解」と。 そうしなければ、AIの進化を待たずに人間が職場をAIに明け渡さねばならなくなる日が遠からず訪れることになるだろう。
引用:Amazon Books
★アクティブ・ブック・ダイアローグ®って? アクティブ・ブック・ダイアローグ(以下略称ABD)は、読書が苦手な人も、本が大好きな人も、 短時間で読みたい本を読むことができる全く新しい読書手法です。
http://www.abd-abd.com/

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。