英会話コラム

脳ジムスタッフの江村です。

 

お天気の話は、日常で一番よく話すネタではないでしょうか。

ということで、今日は台風10号クローサ接近に伴い、お天気の表現を紹介していきます!

 

Let’s get started!!

 

①The major typhoon is coming tomorrow!

「明日大型台風が来る!」

【major】

メジャーな、大型、重要な、という意味がありますね。

大学などの専攻を指す場合もあります。

 

②The severe weather warning has been issued.

「気象警報が発令されている。」

【severe 】

厳しい、過酷な、ひどい、という意味があります。

日本語(カタカナ英語)だとシビアになりますが、発音と綴りに注意。

severe
/sɪˈvɪə/ 

 

③The gale wind is blowing.

「暴風が吹いている。」

galeは気象用語なので、BBC天気予報でもよく聞く単語です。(脳ジムラウンジのテレビの前へどうぞ)

strong wind もOK!

 

④The typhoon brings heavy rain and flooding.

「台風による激しい雨と洪水が発生しています。」

 

⑤The cold front brings heavy snow in southern hemisphere.

「南半球では寒冷前線の影響で大雪です。」

 

 

⑥It will be severe thunderstorm in local area.

「局地的な激しい雷雨があるでしょう。」

【local】地元の、地方の、特定の地域の、局地的な

 

⑦The clear sky is coming after the typhoon.

「台風の後には、晴れ間が広がるでしょう。」

気象用語では、clear が晴れのときに使われますが、こんな表現も。

It will be sunny day for you in Kyoto tomorrow.

 

毎日話すトピックだからこそ、覚えやすいですね。

ぜひラウンジのBBCウェザーニュースにも耳を傾けてみてくださいね!

 

 

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。