聞き返したいときの表現_復習とバリエーション

脳ジムスタッフの江村です。

以前、英会話コラムで「聞き返したいときの表現」を紹介しました。

今回はその復習とバリエーションを紹介していこうと思います!

 

Let’s get started!!

 

まず聞き返したいとき。

不躾な印象になってしまう表現は、何だったでしょうか?

ヒント 💡  W_  _ t?

 

ベターな表現は、どんな表現でしょうか?

ヒント 💡  Sorry, what (       ) that? Say that (        ) please?

 

これらは日常によく使う表現です。

単に Sorry? だけでもOKですが、カジュアルな受け答えになりますね。

 

 

2回聞いてもわからないとき。なんのこっちゃさっぱり、というとき。

(日本語の会話であっても、こんな事態ありませんか?私あります)

 

Sorry, but I’m not with you.

 

話についていっていない、という意味ですごく使えます。

直訳すると「あなたと一緒にいない」完全に置いてけぼり、といった具合です。

これを伝えられると、相手はよりわかりやすく説明してくれるはず!

クラスで使ってもOK! わからないときの意思表示に使えば、先生も絶対褒めてくれますよ!

 

I don’t understand.

ストレートすぎてとてもキツい印象になります。(イメージ:けんか腰でふてくされて「意味わかんねぇ」という感じ)

 

話についていっていないときのバリエーションとして・・

I’m puzzled.

パズルには、わからない、混乱している、といった意味があるんです。イメージしやすいですね。

 

短いけれど、使える聞き返す表現でした。

長々と話が進んでしまって、置いてけぼりになる前に、今日のフレーズでしっかり伝えましょう!

 

最新情報をチェックしよう!