英会話コラム

脳ジムの江村です。

今日は、時間にまつわる表現を紹介していきますね!

 

Let’s get started!!

 

まずは、「今何時?」と時刻を聞きたいとき。

What time is it now?

が浮かびましたか?

 

この表現、実はネイティブスピーカー達は使いません・・。

通じることは通じますが、ストレートでちょっと不躾な印象を与える表現です。

 

時刻を聞くときの鉄板フレーズ

Do you have the time?

Excuse me, but do you have the time?

すみません、今何時でしょうか?

直訳すると「時間持っていますか?」となるので、ややこしいと思われるかもしれません。

よく使うフレーズなので、まるまる覚えてしまいましょう!

 

「今ちょっと時間いいですか?」と聞きたいときは

Do you have time?

紛らわしい表現ですね。the のあるなしで意味が変わってきます。

実際には、Do you have time to talk? というように付け足すことが多いです。

 

間違えたら大変!時刻を教えてあげたい・・

時刻を聞かれたら、きちんと教えてあげたいですよね。

相手: Do you have the time?

あなた:It’s 7 o’clock.

時刻を表す表現は、バリエーションが多いです。

7:15  Quarter past seven

7:20  Twenty minutes past seven

7:30  Half past seven / seven thirty

7:40  Twenty minutes to eight / seven forty

7:45  Quarter to eight

7:55  Five minutes to eight

 

ラジオやテレビのニュースでは、必ず時刻を告げてから始まるので、注意して聞いてみるのもいいですね。

 

また、普段の会話なら、正確な時刻まで答えなくていいこともありますね。

そんなときに便利なのが ish という表現。(イッシュと発音します)

 

7時20分頃 seven twenty-ish

I’m leaving office five-ish. (5時頃オフィスを出ます)

前後、というニュアンスでよく使います。

この ish  は時刻だけでなく、ほかにも使えるんです。

~頃、~系、~風、~っぽい ときに使えます。

Boy-ish (男の子っぽい)

Girl-ish (女の子っぽい)

Child-ish (子供っぽい)

Yellow-ish (黄色っぽい)

Black-ish  (黒っぽい)

 

・・ということで

Time’s up!!!

(Time is up! はいここまで~終了~!)

日本語だとタイプアップといいますが、英語だと is をお忘れなく。

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。