英会話コラム

脳ジムスタッフの江村です。

今回は、副詞を使いこなす、というテーマで紹介してみたいと思います!

 

まず副詞とは

副詞(ADVERBS)とは、形容詞と同様、修飾する言葉です。

形容詞は名詞を修飾するのに対して、副詞は形容詞や動詞などを修飾します。

 

副詞には、程度/量や頻度を表すものがありますが、今回は、会話の中で自然に使えるようなものをピックアップしてみようと思います。

 

Let’s get started!!

 

Thankfully, someone found my wallet.

ありがたいことに、どなたかが財布を拾ってくれた。

 

②He has been seriously ill.

彼は重病を患っている。

 

カジュアルな言い方ですが、こんな風にも。

Seriously? まじか。

Seriously, are you going? マジで行くの?

 

Unfortunately, the event was cancelled.

残念ながら、イベントは中止された。

Unfortunately, I can’t join the gathering.

あいにく、その会合には参加できないんです。

クレーム案件への対応やお断りの際にも、よく使われます。

 

 

Surprisingly enough, the baby was uninjured.

大変驚いたことに、その赤ちゃんは無傷だった。

*uninjured ⇔ injured

enoughをつけることで「十分、とても、大変」のニュアンスが加わりますね。

 

⑤Strangely enough, the song is very popular as the closing song.

めっちゃびっくりなんだけど、その歌は閉店の音楽として有名なんだ。

 

 

今回は、会話の初めに持ってくるものも紹介してみました。

後に続く文章を修飾してくれるので、より伝わりやすいかと思います。

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。