スペル(綴り)について

脳ジムスタッフの江村です。

英語って綴りが難しいですよね。

 

話しているときに、知らない単語が出てきたら、ぜひこの一言を。

 

How do you spell that?

 

その場ですぐスペルを聞いておくと、記憶に残りやすいものです。

 

 

 

電話でもこんな風に使われます。

相手:Could I have your name please?

私:It’s Hanae Emura.

相手:How do you spell that?

 

こんな時は、アルファベットを一つずつ伝えることもあります。

 

私:H for “Harry”, A for “apple”, N for “New York”, A for “apple”, E for “England”…

ハリー(英国王子)のH, リンゴのA, ニューヨークのN,…

 

これで相手からのスペルミスは完全に防げます!

 

例に出す単語(ハリーやリンゴ)は、だいたい決まっているようなのですが、ポピュラーな人名や大都市名がよくつかわれます。

特に聞き間違いやすいものはこんな風に。

  • M for mother
  • N for New York/ Nancy
  • B for Bob
  • D for David
  • V for Victory などが使われますよ。

 

例えば、帰り道や移動中なんかに

Aから始まる単語、などのルールで単語の綴りを思い浮かべながら、なんてのもいいかもしれないですね。

1日1分でも英語に触れる機会を。

この英会話コラムがそのきっかけになれば・・。

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!