英会話コラム

脳ジムの江村です。

Excuse me.  I’m sorry. という表現を今日は取り上げてみましょう!

この2つは日本語ではどちらも「すみません」とされることが多いのですが、英語では使うシーンとニュアンスが異なります。

 

 

Excuse me.

場面①人ごみの中、かきわけ通りたいとき。

混雑しているとき、人の後ろを通りたいとき。

Excuse me.

Excuse me behind you.

 

場面②会話を切り出したいとき。誰かを呼び止めたいとき。

Excuse me, but can I talk now?

Excuse me, can I ask something?

 

場面③会話の中で聞き返したいとき。

“Excuse me?!”↝

相手の話した内容が信じられず、突拍子もないことを言われたような時。

言い合いになったときにも、勢いよく言えますよ。(あまり使いたくないですが)

 

場面④くしゃみ、咳をした直後。

軽く”失礼!””失敬!”といった軽いニュアンスです。

 

 

I’m sorry.

場面①(それを聞いて)残念だね、気の毒だね。

I’m sorry to hear that.

自分の過失を謝るわけではないけれど、残念、といった時も使います。

お悔みのときにも使います。

 

場面②声をかけるとき”(お忙しいところ)すみませんが・・”

I’m sorry to bother you, …

 

場面③ご不便おかけします。

Sorry for your inconvenience.

 

いかがでしょうか。

日常でよく使えるフレーズなので、ぜひシーンごとに思い浮かべながら過ごされてはどうでしょうか。

 

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。