英会話コラム

脳ジムの江村です。

今回は、英語にも発想の転換を・・というテーマです。

 

英語の文章を作る時や会話する時・・・

なんだか長くなったり、まわりくどくなったりしませんか?

 

もっとシンプルに、分かりやすく、ポイントを押さえた文章にしてみませんか 💡

 

以前、TEDトークで見つけた、中山 裕木子氏。

“Simple English for Everyone” というタイトルでスピーチされていました。

 

そしてこの著書。

『会話もメールも 英語は3語で伝わります』 (ダイヤモンド社)

 

当然必ずしも3語ではないのですが、文章組み立ての発想転換をすることで、より端的な文章が作れます!

 

例えば、次の2文を比べてみてください。

 

①It is interesting to read a book.

②Reading a book is interesting.

 

いかがでしょう。

It is構文を取ることでスッキリしませんか?

 

TEDトークの中で紹介されていた例を挙げてみましょう。

①There is no odor in the gas.

②The gas is odorless.

意味はともに”そのガスは無臭だ”と同じですが、There is構文を使わないことで、②のほうがよりシンプルに伝えられますね。

 

取扱説明書や家具の組立説明書、料理のレシピなどは、シンプルな文章で書かれていることが多いです。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。