聞き返したいときの表現

脳ジムスタッフの江村です。

相手の言ったことが聞き取れなくて、聞き返したいとき。

できるだけ丁寧に、スマートに、怪訝に思われずに、聞き返したいですよね。

what?

なんて言っていませんか?

親しい仲間同士以外は、怪訝な顔をされる危険性があります。

 

Sorry, what was that?

Say that again please?

 

特にビジネスなどのシーンだと、2回までなら聞き返しても許されるでしょう。

少々荒い言い方ですが、それ以上同じフレーズで聞き返すと、相手にされなくなる、もしくはそういうレッテルを張られてしまう危険性が。

 

 

そんなときは、少し言い方を変えて質問してみましょう。

Do you mean ・・・?

Just want to clarify, ・・・

この理解で正しいですか?と少し質問してみるのです。

そうすることで相手は”理解してもらえたこととそうでないこと”の境目がわかります。

 

世の中、AIによる通訳・翻訳の発展がめざましくなってきていますね。

でも、コミュニケーションはやっぱり人と人。

通じる、わかりあえる愉しさは、何にも代えがたいんじゃないでしょうか。

 

最新情報をチェックしよう!