お知らせ

 

脳ジムスタッフの江村です。

今回は、英語独特のリンキング(リエゾン)について取り上げます。

 

リエゾンとは・・・

『フランス語における連声の一種で、語を単独では読む場合には発音されない語末の子音字が、直後に母音が続く場合に発音される現象を言う。』(引用元:ウィキペディア)

同じようなリンキングが、英語でもよく見られますね。

 

例えば 💡

 

Love it. ➡  ve と it がくっついて ラヴィ と聞こえる。

 

Let me… ➡  t とm がくっついて レミ と聞こえる。

 

 

meet you. ➡  t とyou がくっついて ミーチュと聞こえる。

 

カタカナ表記がめっちゃ難しいです💦

 

ただ、このリンキングがリスニングには非常に大事なんです。

英語だけでなく、言語はリズム、メロディーをもっている生き物のようなもの。

だからその流れを身に付けてしまえば、聞き取れるし、発音もできるようになります。

 

でもどうすれば・・?

 

2つご紹介しましょう!

 

1つ目は

洋楽♪

 

リンキング聞き取りに向き不向きのアーティストや楽曲がありますので、選曲は必要です。

なおかつ、フレーズをチャンク(塊)で覚えられるようなものがおすすめ。

また、楽曲は韻を踏んでいることも多いので、リズム感が生まれて楽しく覚えられます。

 

わたくしオススメの80年代~2010年代のアーティストや楽曲、ここに書きれないほどあるので、ぜひ脳ジム江村までお声掛けください♪

 

 

 

2つ目は

やっぱりシャドーイングでしょうか。

文章だと簡単に読めることはあっても、なかなかリンキングを意識して話すのは難しいものです。

聞こえたものをすぐあとに続けて発音していくのは、耳も脳も使うので、心が折れそうになりますが、

必ず上達するのであきらめずに続けてみて下さいね!

 

 

 

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。