英会話コラム

【Of course という表現】

みなさんは、Of course (もちろん!)という表現をよく使いますか?
これ、簡単だけど怖い表現です。こんな会話をしていませんか?

“Do you like coffee?”
“Of course!”

“Did you have lunch?”

“Of course!”

 

“当然でしょ!なんで聞くんだよ!”といった怖い返事のニュアンスに。

“Yes, I do / did.”
Yes/Noの後にちょっと付け足すだけで話が広がります。例えば・・

“How about you? ”
“I drink coffee twice a day.”

(引用:『英語の気配り』マヤ・バーダマン著)

 

脳ジム英会話講師にも聞いてみました!

やっぱりちょっとキツいニュアンスになるので、使わないほうが良いそうですよ。
“ペンを借りていい?”とか”空いてる席に座っていい?”といった”許可”をきかれた際の返事には、Of course!が使えます。

 

短い言葉だからこそ、覚えやすいしすぐ使いたい。
でも、使うときには気を付けたい表現ですね。

ワンコイン体験レッスンキャンペーン中!

脳ジム英会話では「ワンコイン500円体験キャンペーン」を実施中!
脳ジム英会話のコンセプトは『気軽に続けられる英会話』。英会話に興味はあるけど、ハードルが高いと感じている方におすすめ。
「どんなレッスンか受けてみたい」「続くかどうかわからない」という方は、ワンコイン500円で体験レッスンをお試しください。